ビジネスをする上で知っておいて欲しいこと



  • 時は『命』なり.
  • 真実は『実物』にあり.
  • 時を共有することは『命』を預かっていることと同義なので時間に値する内容である必要がある.
  • 二度とない人生のなかでの一瞬の『出会い』や『めぐりあい』,そして何気ない『縁』の大切さ.
  • 約束や時間を守れない人間は『何をやっても失敗』する.
  • 『借りた金は忘れず,貸した金は忘れる』また『受けた恩は忘れず,与えた恩は忘れる』.
  • 『素直は才能』である.できない人ほど言い訳をする.
  • 『だが・しかし・けれども』など逆接語を言うと誤った自己肯定に繋がり成長機会が失われていく.
  • 成功したい人より『成功して欲しいと思われる人』の方が何事もうまくいく傾向にある.
  • ビジネスができる人の重要二要素は『解決力』と『創造力』である.
  • 生産者のアイテム『パソコン』と消費者のアイテム『スマートフォン』という視点がある.
  • 経験は『心に記憶』・書籍は『脳に記憶』する傾向が強く,心に記憶したものは決して忘れない.
  • 『○活』は成功報酬モデルでない限り○活期間が長い程提供者の売上が最大化する.
  • プラットフォームビジネスは『手数料』形態モデルが最適化の場合が多い.
  • 仲介業を生業としている業界は一般的に『仲介』が最も利益が大きい.
  • ビジネス失敗者の大半が『自分の勝手』におこなっており,『こっちの勝手』の考えが大事である.
  • 『趣味が仕事』と本心で言えるのは仕事の内容に関し全権を持って選べる起業家の特権である.
  • 経営者はビジネスにおける『成功は偶然,失敗は当然』という考え方を心の底に留めておく.
  • ビジネスをする上で『悪は善の全てを知るが,善は悪の全てを知らない』という点を留意しておく.
  • メディアの生き残る道は『プラットフォーマー』若しくは『コンテンツホルダー』になることである.
  • 実学とは『実証科学(Science)であるとともに社会に実りをもたらすことを目指す学問』である.
  • 困難に直面した時は『歴史から学ぶ温故知新の考え方』を持っていると解決のヒントになる.
  • 『初めに結論を伝え理由は三つに限定』することが内容を正確に伝える時には重要である.
  • 意識をすると物事に関心を持って捉えるようになり特定の分野の知識が増え成功確率が上がる.
  • 真のプロフェッショナルは,『根性や努力よりも才能とセンス』が重要である.
  • 自由のなかで自分を守ってくれるのは自身の『自尊心/向上心/プライド』だけである.
  • 『オプトイン』と『オプトアウト』では,独裁色の強いオプトアウトの方が圧倒的にスピード感がある.
  • 人の心を掴む力は,『当人の真剣さ』により熱量が増加し周りの人に伝播する量が変化する.
  • 友達には遊ぶ友と競う友があるが,Win-Winの関係を創出するのは『競う友(ライバル)』である.
  • 『借り物では無い自分自身の言葉』で全力で話すと周りの人が初めて聞く耳を持ってくれる.
  • 『能力値×知名度』の値が高い程顧客接点やリピートを生み,更に適切な価格決定が重要である.
  • 現在置かれた状況のなかでどのような選択をして行動を起こすかにより『未来』は決まっていく.
  • 海馬と扁桃体の構造上『感情の動き幅と記憶量は正比例する』ので感受性が豊かな方が良い.
  • 『神は細部に宿る』のでどんな小さい部分に対しても細心の注意と拘りを持つことは大事である.
  • 『知識や知恵』は自分の専売特許ではないので,感銘を受けた内容は語り共有すると良い.
  • 先天性要素が強いクラスの人気者より後天性要素が強い同窓会のヒーローになって欲しい.
  • 勇気は『自分に対する信頼』から生まれてくる.自分を信じ行動することで悩みを解決できる.
  • 下りきったどん底や苦しい時は上り坂しか待っていない.今後は『明るさ見て,暗さ見ず』.
  • 夢や目標を口に出して吐くと土の部分があるが言い続けることで-が消え『叶う』に変わっていく.
  • 商品販売やサービス申込に関する金額や数量の多寡は『人気投票ボリューム』とも考えられる.
  • 成功する人は周りの人も成功し,失敗する人は周りの人も失敗するので,『人(仲間)は選ぶ』.
  • 人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える.しかも一瞬早過ぎず,一瞬遅すぎない時に,必要としている人に必ず逢える.逢っていないと思うのは単に『縁』を見落としているだけである.