起業・開業・独立に関して考えて欲しい言葉



  • 起業が可能な『タイミング』は人生のなかでも案外短い期間である.
  • 起業は『勢い』と『タイミング』がとても重要で,立ち止まると好機を逃す可能性が極めて高い.
  • 起業は『失敗したら』ではなく『成功したら』を考えて実践すべきものである.
  • 起業は『内的環境』よりも『外的環境』を優先して機を逃さずするべきである.
  • 起業は『ワークライフインテグレーション』を主体的に実施することが可能である.
  • 起業は過度に慎重になり過ぎず『行動(考動)してみることが一番大事』である.
  • 起業は『経営(ヒト・モノ・カネ・情報)のバランス』が極めて重要となる.
  • 起業は失敗したところでやめるから失敗になるが『成功するまで続けたら結果的に成功』になる.
  • 起業は基本的に『ハイリスク・ハイリターン若しくはローリスク・ローリターン』で考えるべきである.
  • 起業は一般的に『成功確率が51%以上』ではじめないと単なるギャンブルになる可能性がある.
  • 起業は運命では無く自身の『選択』なので何が起きても全ては自己責任であると肝に銘じておく.
  • 起業は『一生やっても良いと思える楽しいこと』を自分自身で見つけ継続することが重要である.
  • 起業家は『夢』を持て.夢を持っている起業家は活き活きして輝くことができ成功に近づける.
  • 起業家は『絶対』若しくは『100%』ということは無いことを肝に銘じておく必要がある.
  • 起業家は『当意即妙な経営判断』が常に求められていることを十分に意識しておく.
  • 起業家は自身がおこなう領域を『選択と集中』し,全てを自己完結で終わらせようとしない.
  • 起業家は『自身の能力の合計が100』であることを理解し,どこにどれだけ振り分けるかを考える.
  • 起業家は『最後まで自分を信じれるのは自分だけ』という断固たる決意が重要である.
  • 起業家は『決して諦めずやればできるという強い信念』を持っていることが大事である.
  • 起業家は『チャレンジ精神やフロンティアスピリッツ』を持っていることが大事な要素となる.
  • 起業家は『自身の“分”にあった成果・幸せを探求する』ことを理解しておく.
  • 起業家は『ミクロ・短期を見てマクロ・長期も見る』という視点を常に持っておく必要がある.
  • 起業家は『MECE(:Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)』が思考上重要となる.
  • 起業家は『コミュニケーション=心×行動×言葉』が極めて重要となる.
  • 起業家は『経営のプロフェッショナル』であることがとても重要となる.
  • 起業家は周りに対して『ソフトタッチとハードタッチ』ができることが大事である.
  • 起業家は『○○貢献』という永遠に枯れることの無いバイタリティの源泉があると疲れを感じない.
  • 起業家は如何なる状況に陥っても決して『他者若しくは外部要因のせい』にしてはいけない.
  • 起業家はうまくいかない時に自己を過度に正当化せず『自己評価よりも他己評価』を重視する.
  • 起業家は責任感では無く『使命感』を大事にすることでどんな苦境も乗り越えていくことができる.
  • 起業家は『誇り高きプライド』を持っていると如何なる困難にも負けず臆することなく前進できる.
  • 起業家は超一流になるとカリスマを『個』だけではなく『組織』に付けることが可能となる.
  • 起業家は最も困難と言われる『義』と『利』の両立を目指し実践することが重要である.
  • 起業家は前任者の真似をするのではなく『超えていくこと』こそが真の起業家像である.
  • 起業家は『高い志』と『明確なビジョン』を持つことで仕事に『執念』が生まれ成功に近づいていく.
  • 起業家は『グローバリゼーション』と『デジタリゼーション』の視点が重要となってくる.
  • 起業家は状況に応じてしがらみのない『鬼となり仏となる』ことが重要となってくる.
  • 起業家は『繰り返しこそが唯一成功に近づける第一歩』であるという心掛けが重要である.
  • 起業家は『自身の目で見て自身の心で感じる』ことが真理を探究する上でとても大事である.
  • 起業家は『うまい頼り方』を知っている人の方が効率的にはやく成功し易い.
  • 起業家はディベートにおいて『論破よりも納得感』を与える方が仲間を増やすことができる.
  • 起業家には『組織構成員の心に響く分かり易い言葉で表現した理想像の共有力』が必要である.
  • 起業家には『自信が勇気をくれ不安が努力をくれる』ので適なバランスが大事である.
  • 起業開始時,仮に資金が乏しくても『お金が無い分頭を使う』というスタンスで成功できる.
  • 起業開始時,『資金の多さとビジネスの成功確率は比例するものではない』と考えてよい.
  • 起業時に本当の本物の努力をしている際は『迷いなんて何一つ起こることは無い』と言える.
  • 起業後,『どんなに辛くて苦しくてもビジネスは最後まで絶対に諦めてはいけない』と認識しておく.
  • 起業力は,『起業力=経営力×健康力×精神力』と表現することが可能である.
  • 全ての問題・課題を一気に解決できる『ミラクルレシピは存在しない』ことを自覚しておく.
  • 『自分の未来を自身で切り開く勇気と行動力』があれば,経験・スキルの不足は時間が解決する.
  • 経営の良し悪しは,古いか新しいかではなく『成功するか失敗するか』によって判断される.
  • 『若さ』こそ起業における最大の成功原動力である.