経営者として考えて欲しい言葉



  • 経営者はステークホルダーと『持続可能なWin-Winの関係』を如何に築けるかが重要である.
  • 経営者は『水は方円の器に従い,人は善悪の友による』を理解し聖人君子となるべきである.
  • 経営者は『真善美(認識上の真・倫理上の善・審美上の美)』を念頭に意思決定をおこなう.
  • 経営者は人を動かす三大要素である『論理・利害・感情』を当意即妙に使う必要がある.
  • 経営者は『明るい顔で明るい未来を語り周りに夢を与えれる存在である』ことが大事である.
  • 経営者は『信頼と信用』が最も大事である.
  • 経営者は『好い加減(いいかげん)』な姿勢で物事に向き合うことが重要となってくる.
  • 経営者は『影響の輪』と『関心の輪』を正しく理解するスタンスが必要である.
  • 経営者は『モノづくり』と『コツづくり』の双方の視点が大事である.
  • 経営者は『生涯勉強』である.
  • 経営者は『大切な人のために必死になること』で超えられなかった壁を突き抜けられる.
  • 経営者は大胆かつ野心的な挑戦を続けていくために『撤退ルール』を定めておく必要がある.
  • 経営者は失敗を恐れずに『全てを失う覚悟』を持って物事に挑む姿勢が極めて重要である.
  • 経営者は失敗を招く3大リスクの「情報不足・慢心・思い込み」を日々自問自答する必要がある.
  • 経営者はビジネスや組織を拡充・持続する上で『学』が極めて重要となってくる.
  • 経営者は『規範(法規範や社会規範や道徳規範など)』の体現者となる.
  • 経営者は『過去を語るより未来を語る』ことが大事である.
  • 経営者は人を『理論は出発点』であり当意即妙な対応が状況適合でできる.
  • 経営者は『なすべきことをしてなすべからざることをしない』という責任が本質的に重要である.
  • 経営者は『忘己利他』の精神を大事にし周りのために働くことが結果的に徳を積む行為となる.
  • 経営者は冷静で適確な意思決定をするためにも『近代的精神である自己内対話』が重要である.
  • 経営者は『人に想いを伝え,人に思いやりを持ち,人より重いものを持つ』ことが大事である.
  • 経営者は良い人材・事業に巡り合うために『お金を積むより徳を積む』ことが重要である.
  • 経営者にとって『理論は出発点』であり当意即妙な対応が状況適合でできる.
  • 経営は人が生まれてくる理由と同様に『世のため人のために尽くす』という精神が重要である.
  • 経営は知行合一が大事で『実行』に尽きる.
  • 経営は『0.01円若しくは0.01秒』を如何に重要視するかという日頃の心掛けが大事である.
  • 経営は『即断・即決・即実行』である.
  • 経営には『経営者と経営チーム』が最も重要となる.
  • 経営には『知恵』が必要である.
  • 経営に『絶対的で永続的な安心・安全・安定』は無い.
  • 人の『嫌がること』を率先しておこなう.
  • 人には寿命があり時間を共有することは『命を共有』していることである.
  • 自身が『一生続けられ成果が最大』になることを見つける.
  • 常に『余裕』を持って行動をする.
  • 『フレームワーク』は自身がつくるものである.
  • 他人と同じ考えをせずしつこく頑固に『勝機』を待つ.
  • 壊れた時計も一日2回は必ず正しい『時間』を指すスタンスでいる.
  • 『自信』をつけるには目標達成を繰り返していくしかない.
  • 自然に『チャンス』が巡ってくることは無く自ら引き寄せに行く.
  • 夢を持ち『運が良い人』とだけ付き合う.
  • 未来をつくった人にあらゆる『経営資源』が集まってくる.
  • 未来は不透明であるからこそ『常に新しい挑戦』をシームレスに進めていく必要がある.
  • 『運命の人』は自然には出会わない.
  • 悩んだ時に『掃除』をすると思わぬ発見(解決の糸口)がある.
  • 言葉だけでは誰も信用しないため『実績』で信用させる.
  • 言葉でごまかさず『行動』で状況打破をする.
  • 『有言実行』で言葉と行動が首尾一貫している.
  • ビジネスには賞味期限があり『トレンド鮮度』を見極め推進・撤退戦略をおこなう必要がある.
  • ビジネスライフサイクルが短命な現代における持続的成功は『絶え間ない変革・革新』が支える.